階段昇降機の完全自動化について

車椅子を利用しているなど、足腰の弱い人にとっては、階段のある場所はとても利用がしづらいものです。最近では、バリアフリーの観点から、エレベーターの設置も進んでいますが、階段を利用できれば、とても便利です。その点、階段昇降機の設置は、とても有効な手段です。車椅子を持ち上げて階段を上がり降りすることは、大人の男性でも、2、3人の力を必要としますが、これなら機械の力で楽に上がり降りができます。階段で困っている車椅子の人を見かけても、自分に力がないと助力できませんが、昇降機のセットなら手伝えそうです。その意味で、昇降機の操作について、素人でも簡単に出来るような完全自動化が望ましいことは言うまでもありません。現在は設置施設の職員などの手を借りないとならない昇降機が多いようですが、いずれはエスカレーターのように簡便に利用できるようになると期待したいものです。

快適な生活を支えるバリアフリー機器・階段昇降機

足が不自由な方や高低差のある場所が身体の負担となる方にとって、自宅で安心して移動ができないというのは大変なストレスになります。階段昇降機は、ご家族全員が安心して快適な生活を送るために開発されました。段差解消機・斜行機とも呼ばれるこれらの機械は、主に2つの種類に分けられます。ひとつは、階段にガイドレールを取り付けて、人が座れる台座などを設置したいす式のもの。もうひとつは、台車の下部にキャタピラを付けて、オペレーターの操作によって階段を上り下りするものです。他にも、車椅子に乗車したまま、専用のかごに乗ることで垂直移動が可能なものもあります。これらは日常的に車いすを利用されている方、歩行自体が困難な状態にある方の大きな手助けとなっています。法律や制度が改正されるに従って各公共施設への普及も進み、街中でも階段昇降機を見かけるようになりました。現在では、福祉施設や介護施設のみならず、駅の地下通路、病院、小学校の階段にも設置されています。

バリアフリー化に利用できるイス型階段昇降機

高齢などの問題から、階段を昇り降りすることが困難になる方が多くいます。このような場合に利用できるのが、イス型階段昇降機です。このような装置を階段に設置すれば、一人暮らしでも安心して階段の昇り降りを行っていくことができます。そのため、自立支援の一環としてこのような装置を導入する場合があります。イス型階段昇降機の特徴は、イスに座って階段を昇り降りできることとなっています。座った状態で移動できれば、体への負担を最小限度に抑えることができるため、安心して階段を利用できるようになります。補強工事などを行わないでも設置できるタイプも存在するため、自宅用として簡単に導入することができます。直線状の階段だけでなく曲線状の階段にも設置できるため、自宅の規模や階段の位置関係などに適したものを選択して利用することが可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*